仕事能力向上

人間関係は断捨離するか、それとも自分が変化するかの2択(サラリーマン編)

チーム

人間関係は生きていく上で最も重要な問題だと感じているICHIです。
人間関係の悩みは心の悩みを誘発させ、最終的に精神を滅ぼしてしまうかもしれません。

「そんな人は切ればいい。」「転職すれば。」と言われてもなかなかそうは上手くいかないと思われる人も多いでしょう。

今回は人間断捨離したいけど、難しい環境にいる方へ。
自分自身にどう向き合うべきか逆説でお話します。

というより、

自分が変化したら周りも変わっていく説が事実。

結論

自分が変化していくために行うべき行動

  1. 聖書を理解して読む
  2. アルバイト以外の副業をする(自分が本当にやりたいこと)
  3. 学んだことをアウトプットしていく

上記に沿って、解説していきます。

聖書を理解して読む

無信者さん
無信者さん
スピってるけど、俺無信者なんだよね。

確かに、スピリチュアル的ですが聖書に書いてある話のまとめは『愛』についてです。

讃美歌:君は愛されるために生まれた

聖書には私たちの生活に欠かせない、人と人と結ぶ知恵が壮大な物語によって書かれています。

間違いだらけの話だと、現在に至るまで受け継がれてはいないでしょう。
人類の歴史上、最も読まれている書物であることからも私たちの生活の土台として欠かせないものであったということです。

スピリチュアルに傾倒し過ぎるのは、知能の低い馬鹿なので遊び半分で思考の土台として活用するのが良いでしょう。

アルバイト以外の副業をする(自分が本当にやりたいこと)

『働き方改革』が広がり、副業解禁の会社が増えている中で、まだほとんどの日本の会社は副業を許していないところが多いのが現状です。

そんな会社に行く末があるとは到底思えません。
しかも副業をした方が幸福度も上がり、むしろ本業にも張り合いが出ると言われています。

ならば、ともかくしましょう。

間違っても肉体労働とかコンビニエンスストアで働くなどの知的活動外の行動でがいけません。
これらはただのアルバイトであり、今だけを考えたお金稼ぎです。

知恵を使わない何も生みださず、あなたがしたいことがあるならば非常にコスパの悪い時給換算です。

学んだことをアウトプットしていく

自分が学んだこと、経験したこと。誰かの役にたってますか?
自分のためだけに内に秘めてるだけではただの自己満足であり、宝の持ち腐れです。

何かを生まなければ、何も生みだせない。

ホリエモンは言いました。
圧倒的なインプット圧倒的なアウトプットが大事だと。

サラリーマンであれば、使える時間の制限もあり、難しいでしょう。
ただ、それぞれに培ってきた経験値は違います。

母子家庭でつらい貧困の中から這い上がったのなら、
それをブランディングしていけば、
同じ境遇の人がファンになってくれるかもしれません。

誰一人、この世に生を受けてから同じ経験しかしていない人等、存在しません。

イメージ出来ないなら、ただの馬鹿です。
それこそ、典型的なサラリーマン思考なのでそのような人たちは会社に依存している方が
幸せなのでしがみついた方がいいでしょう。
それを否定する気はありません。

ホリエモンのアウトプットスピーチは最高です。

 

 

最後に

 

それぞれ幸せの定義は違います。
自分にとっての最優先を決めることです。

人生で最も重要なことが素敵なパートナーと結ばれることなら、
それを手に入れさえすれば本来は幸せなはずです。
なのに、お金が少ないと言っているのなら優先順位の吐き違いです。

寂しさを紛らわしかっただけです。

自分軸がぶれないことが最も重要なことです。
ここをしっかりしなければ常に不安に襲われて生きていくでしょう。

自分軸を作り、アウトプットしていくことで圧倒的な自分軸を作ってください。

天才脳科学者「苫米地英人」の人生改善プログラム

目標達成においては【ゴールドヴィジョン】が最強・参考です。