目標達成思考

「マネージメント」したいか?無理は危険。

マネージメントは好きですか?

「得意」と「不得意」。私は苦手です。

会社という組織内では、管理職においてマネージメントという能力はとても重要な要素。
しかし、私のように苦手な人もいるのは事実。

その理由をはっきりと述べます。

答えは明確です。

内向型の人間にはそもそも向いていない

人間の性格には大きく、2つの型があります。

外向型と内向型。
外向型は社交性が強味ですが、内向型は論理的な思考が強みです。

自分の特性を知ることはとても重要で、自分を知る方法に「ウェルスダイナミクス」があります。

無料でできるので一度、受講してみると自分を発見できるので、おススメ!!

この表に沿うと、私は左真ん中のロードなので、完全な内向型です。
ちなみにロードは最高の分析官であり、シンプルなものを好みます。

自分に当てはめると、無駄な話がともかく無理だし、
生活もシンプルライフかつ習慣化されていますのでピッタリ。

ロードの代表的な人物といえば、与沢翼やアンドリュー・カーネギーなどのシステムを創ってしまった人たち。
権利を行使するが得意なので、社交性を必要とする仕事はガチで無理です。

その反対がブレイズと言われる人たち。
このタイプは人脈大好き人間なので、こういった人たちは人を育てるのが元来、好きです。私とは真逆ですね。

このように向き不向きがあります。

私みたいな内向型はシステムを作って、販売するのが向いています。
少なくとも、セミナー講師とかコンサルなどのアドバイス系は向いていない。
共感能力はないから、人に合わせるのが無理なんですね。

ホリエモンやメンタリストDaigoも上の表の左上、メカニックのスチールなので向いてません。ホリエモンも著書で『バカと付き合うな』を出しています。

 

「任せること」が大事。向いてないなら将来的に独立を。

マネージメントにおいて、一番重要なことは「任せる」ことです。

1人でなんでもしたがる会社員いますが、社員としては優秀でも、
上の立場になると、視点が変わります。

ここができない会社員が多くいます。
1人でやってきたタイプは、自分が仕事ができると思いがちです。
確かに優秀な人も多いですが、とくに勘違いしやすいのもこのタイプ。

思考が偏りやすく自分の価値観が合わない人の意見には、すぐキレやすく、損をすることも多いです。
(特に、思考が偏った30代からの結婚も早々にしてやりたいことを諦めた会社員)。

会社員に向いていない人間は、
実は起業家に向いていますので将来的に独立するべきです。

「人間関係の悩み」はどの時代もテーマ

人間関係の悩みは20代・30代においても常に満足度に対するテーマです。

人間関係が嫌で誰にも会わないという人いますが、それも問題です。

一番、良いのは居心地の悪い環境に身を置くことです。
ステータスの高い人に会うこと。

初め、あまりの価値観の違いに居心地の悪い思いしか、しないでしょう。

それが良いのです。
慣れで集団から出ることを恐れる人間。

群れから最初に危険な敵だらけの海に飛び込む【ファーストペンギン】
恐れないことがチャンスを掴みます。

会社の老害は無駄な飲み会やらに誘ってくるでしょう。
会社の愚痴ばかり聞いてても人生の価値は何一つありません。

奴らの自己満足に付き合わず、己の道を突き進むこと。

聖書から行動を促す言葉に答えがある

聖書には365回登場する言葉があります。

『恐れるな』

私たちに毎日、恐れるなと言ってくれているのです。

さぁ、旅立ちの時です。