目標達成思考

「飛び込め。そう深くはあるまい。」足りないサイクルに陥る【欠乏思考】を排除しよう

飛び込む人間

スポーツウェア「アンダーアーマー」を販売している株式会社ドームの安田修一社長の言葉。

飛び込め。そう深くはあるまい。

 

リスクばかりを考えて何も身動きがとれない時。
一番の理由は欠乏思考が原因です。

欠乏思考を克服すると、

健康・仕事・お金。

全てがみるみる内に手に入ります。
スピリチュアル的ですが、割と確信です。

本題に入ります。

「欠乏」の思考とは

・ないものにフォーカスを当ててしまう☞結果、視野が狭まり頭が悪くなる。
・お金に捉われ、物欲思考になる☞その一瞬の快楽にお金を浪費してしまう。
・余裕の無さが決断を誤らせ、時間だけを売っていく☞一生、貧乏思考。

このように、思考が鈍り取返しのつかない失敗を犯す可能性もあります。
時間が欲しいといって勢いよく脱サラして、失敗した人間なんかはこの思考よくあります。

 

欠乏思考の解決策は「断捨離」

 

言葉
【訳:シンプルにしておけ!】

 

断捨離のメリットは数多く取り上げられていますが、
個人的に実践して感じている3つのポイントを述べていきます。

 

集中出来る

 

不要なものは即、排除が鉄則です。

 

 

この余った時間とお金は全部、自己投資と作業に当てれます。
今更と言えば今更で当然のことですが、出来ない人は終わりです。

人間関係が良くなる

 

SNSに潜む他者から認められたいだけのメンヘラは即、排除し間違えても絡んではいけません。

メンヘラ(寂しがり屋のかまってちゃん)の特徴はこちら☞

 

 

Instagramによく出没しますが、

ブランド物を買った。海外旅行行った。とか、個人の満たされない思いを写真で撮影してイイネを欲しがる人物達。

 

彼ら彼女らは広告業界の手法にまんまと騙され、搾取されている哀れな人間たちです。
見ている側が吐き気するといえば、正しいでしょう。

 

彼らの生活を見ていても、ピラミッド層の底辺の集まりで何も得るものはありません。
断捨離をすると、自分の生活から余計なものを排除するだけではなく、無意識に人間関係も良くしたくなります。

 

不思議ですが。

有益な情報は有益な人物にしか集まらないため、

有料のメルマガやオンラインサロンに入って、志高い人達と一緒に成長していきましょう。

周りの人間関係も変わってくるし貧乏人程、
不要なもので溢れかえっているのが分かり、自然と年収も変わってきます。

お金が溜まる

 

これは当然ですね。

 

断捨離の中で自然に要・不要の区別が上手くなるため、
今後も何にお金を使うかの取捨選択の判断が上手くなります。

 

お金に余裕があればしたいことへの挑戦意欲も湧きますし、お金のマインドブロックも外れ女性へも色んなご馳走が出来ます。

 

モテますよ。

 

理想は賃貸であれば、家を変わる時に一日で終わらせられる量であれば最大でも3時間で荷物をまとめられる量がいいです。

 

結論

 

まず、リスクを恐れて何も出来ないという人は、サラリーマンや周りの挑戦してこなかった人たちに感化されている人に多いでしょう。

 

何もしなければ、何も始まりません。

自分の未来を創造しましょう。
何をしたいのか。

今のままで達成出来そうですか?

不可能であれば、まずは身近なことから始めましょう。

普段の生活で一番の近道であり簡単に実施出来ることは断捨離です。

断捨離をお勧めする中でベストな本はこの2冊です。